社内で人気のチャットツール

社内でWEBマーケティング担当になったらするべき事

近年WEBマーケティングを外部委託ではなく、社内で担当者を決めて行う企業も増えています。

しかしいきなり社内でWEBマーケティング担当になっても、何をしてよいのかわからないことも多いでしょう。WEBマーケティングを行うときは、まずターゲットを絞ることから始めます。自社がどのような年代や性別の人に使ってもらいたいのか、生活習慣や獲得したい属性のユーザーが普段どのようなものを購入しているのかなど、細かく調査しターゲットを決めていくことが大切です。ターゲットさえ決まれば広告を出すにしても、コンテンツをしっかりと絞り込むことができます。次にユーザーに利用してもらうために、検索サイトを活用してWEBマーケティングを行いましょう。ターゲットとなる人たちが使いそうなキーワードを選定し、競合サイトやサービスを確認しておきましょう。

競合サイトのサービスやユーザーとの接点などの調査を行ったら、自社とどの点で競合しているのか、自分たちの企業だけにあるオリジナル性や強みは何なのかを考えていきます。具体的な課題や戦略が見えてきたら、いよいよ集客の対策を考えていきますが、まず自社サイトが検索エンジンで上位に来るようにSEO対策をしたり、バナーやリスティング広告などを活用していきましょう。また社内の担当者が行う場合は、定期的に送信することでサービスの利用を促進するメールマガジンや、各種SNSを活用して自社のサービスをアピールしたり、ユーザーとコミュニケーションをとることで顧客の流出を防ぐ方法も有効です。ホームページや広告、SNSなどを活用する場合は、ユーザーが飽きないような工夫や、再度利用してもらえるようにユーザーの傾向などを見極めて都度改良していくなどしていくことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *