社内で人気のチャットツール

企業内のコミュニケーションツールとしてのチャット

最近、企業内でのコミュニケーションツールとしてチャットが普及しつつあります。

メールよりも手軽にメッセージの送受信ができ、迅速に必要な用件だけを伝えることができます。電話のように相手の仕事の手を止めさせることもなく、メールのように大げさなあいさつ文などもなく簡単に話しかけることができるのでとても便利です。簡単にやり取りができるためコミュニケーション不足を解消することにもつがなります。スマートフォンのアプリになっているものもあり、アプリを使えば出先でも内容を確認したりメッセージのやり取りをすることができます。企業内でもチャットの機能だけを使えるサービスを導入している企業もありますが、ファイルの送受信なども行える機能の充実したビジネスチャットを導入している企業も増えています。

メールアドレスなどを公開せずに利用することもできるので、社内に限らず他社との合同のプロジェクトに参加したりクラウドソーシングなどでも利用することができます。さらに、グループの作成も簡単でリアルタイムでメッセージのやり取りができるため会議室に集まらなくても会議を行うことができたり、情報共有がスムーズに行えます。場所も選ばずに使えるためテレワークなど多様な働き方にも対応できます。メールの方が後々の確認がしやすかったり記録としては残しやすいなどチャットとは違うメリットがありますから、チャットとうまく使い分けることが仕事をさらに効率化させるポイントとなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *