社内で人気のチャットツール

社内用チャットボット

チャットボットはチャットを用いたお問い合わせ対応で用いられています。

これは主にカスタマーサポートで使われている技術ですが、企業によっては社員からの問い合わせに対しても使われています。そんなの担当者がすぐ答えればいいじゃないか、と思う人もいるかと思いますが、大企業になると社員も数千人規模に達しますし、人事部や経理部だけで何十人も必要となります。そのくらいの企業になると、社内向けにチャットボットを導入するところも多い様です。

例えば書類の書き方はどうでしょうか。いつも年末にサラリーマンを悩ませる、年末調整の書類。この欄にどう書けばいいですか、この場合にこの書類は必要ですか、そういった質問が社員一人一人に生まれてしまいます。もちろん自分でしっかり調べれば分かるものなのですが、特殊な事例というものはありますし、会社によってここはこうするもの、と決まっているところもあるでしょう。

これを経理の担当者が一人一人に説明していては時間がいくらあったも足りません。そこでFAQの書類やメールなどを用意するのですが、それすらも見ないし辿り付けない人がいます。ではどうすればいいか。ここに質問してください、と社内に向けチャットボットを導入するのです。社員はまずそこが質問の窓口だと認識し、質問を投げます。チャットボットはその質問にAIで判断して最適な答え、もしくは最適なFAQページを提示します。これが社内向けチャットボットの有効活用の一例です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *