社内で人気のチャットツール

チャットボットで社内のヘルプデスク業務を軽減

最近、チャットボットという言葉をよく耳にすると思いませんか。

これは、インターネットを活用したリアルタイムにコミュニケーションを取ることができるチャットとロボットを組み合わせた言葉です。人工知能を活用したものも多く、人間の問いかけに対して、対話を行うことができる機能を有しています。

このチャットボットを社内のヘルプデスク業務に応用しようとしている企業が増えています。社内のヘルプデスク業務は、社員数が多くなるほど忙しくなってきます。取り扱うシステムなどが多いと人手だけではなかなか充実したサービスを提供するのは困難です。その負担を軽減するため、チャットボットが使用されるのです。社内のヘルプデスク業務としてよく質問がある内容に対して、回答を準備しておきます。

利用者はチャットボットに質問を投げかけ、用意された質問であると判断した場合、その回答を返答する仕組みとなっています。利用者は必ずしも定型の質問をしてくるわけではありません。そこで、人工知能の出番となるのです。利用者が質問した内容を分析し、用意された質問であるかを人間と同じように判断します。このことにより、人手を介することなく、ヘルプデスク業務を行えたことになるのです。利用者も待たされることなく、対応してもらえるため、満足度が高くなります。しかし、すべての質問についてチャットボットが応答できるわけではありません。その場合は人が対応することになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *