企業がWebサイト内にチャットボットを導入する理由

近年、会社の公式Webサイトをブラウザで開くと、チャットのウインドウが質問を尋ねるメッセージとともにあらわれることがあります。これは、その企業がチャットボットとよばれる自動会話システムを運用していることを意味していますが、法人がこのシステムを取り入れることにはどんな理由があるのでしょうか。企業がチャットボットを導入する最も大きな目的といわれているのが、業務効率の向上です。従来であれば、ユーザーからの質問や苦情はすべてオペレーター、つまり人間が対応していました。

自動会話システムを導入すると、簡単に済む内容はシステムで対応させることにすれば良くなり、オペレーターは複雑な案件や重要性の高い案件にしぼって応対できるようになります。これが、業務効率向上に結びつく理由です。また、ユーザーからの評価をアップさせるための方策としてチャットボットを導入する企業も存在します。自動会話システムを運用させれば、ユーザーからの問い合わせを24時間休みなしに受け取ることができるようになり、普段オペレーターが居ない時間にサイトを利用することが多い人や、週末に集中して何か決めたことをしたい人でも気軽に問い合わせられるようになります。

問い合わせに対して、解決に導けるような明快な回答ができるようになっていれば、回答を受け取ったユーザーの多くが満足し、サイトの評価も自ずと高めることができ、ひいてはCV率などの数値の向上にもつなげられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です