社内で人気のチャットツール

チャットボットの社内導入効果

チャットボットとは、チャットとロボットを組み合わせた言葉で、テキストや音声を通して自動的に会話をするプログラムで、人工無能や人工無脳とも呼ばれています。

人間同士で会話するチャットとは違い、チャットボットでは一方は人工知能を組み込んだコンピューターが人間の代わりに対話をします。この仕組みは以前からありましたが、人間によってパターン化された対応しかすることができませんでした。これからはレストランやタクシー、ホテルや航空券の予約など様々なサービスにチャットボットが使われるようになる可能性があります。

ビジネスでも経費精算システムなどに、対話型のユーザーインターフェイスとして採用されているところも出てきています。社内問い合わせ対応の自動化などに、会社全体の生産性向上を目的として、チャットボットの社内導入を検討している企業は少なくありません。

自動応答ができたり、ノウハウを蓄積してい行って対応品質を改善したり、24時間の対応が可能など社内の様々な課題を解決できます。通常業務を行っている間に、不定期に問い合わせが来ると対応に追われ社員に負荷がかかり、業務を中断しなければなりません。このような状況に、チャットボットが自動で返信してくれると助かりますし、コストの削減にも繋がります。また、簡単に回答を呼び出すことができるのも特徴の一つで、マニュアルを開いたりヘルプデスクにメールを送らなくても手軽に質問ができるので、社員の自己解決の促進と問い合わせの件数自体を減らすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *