社内で人気のチャットツール

チャットボットを社内に導入するポイント

チャットボットとは、チャットとロボットを組み合わせた言葉で人工知能を活用した自動会話プログラムになります人間に変わって一定のタクスや処理を自動化するプログラムが、インターネットを通じてテキストを使ってやりとりするチャットで対応することによって、作業の効率化をすることができます。

チャットボットは、顧客だけではなく社内対応などに対しても有効活用することが可能です。社内問い合わせは、数多くいるため対応する社員は通常業務の合間に調査をして回答する必要があります。当然、作業効率は悪くなってしまう上、本来の業務に支障が出てしまうケースもよくあります。チャットボットを社内に導入することで、自動的に問い合わせに対してプログラムが答えてくれることで作業効率を高められます。そんなチャットボットを社内に導入する時には、どんな目的で導入するのかを決めてから導入することがポイントです。

問い合わせ対応の人員を削減したいなど明確にすることで、企業にあったシステムを見つけられます。チャットボットは2種類があるため、目的にあったものを選ぶことが重要です。特に社内問い合わせに対しておすすめなのがシナリオ型です。シナリオ型は。設定したシナリオ通りに応対するタイプで、想定された質疑応答をあらかじめ決めておき、ユーザーの質問やキーワードに対して、データベースから対応するという仕組みです。手軽に運用が開始することができるというのも、シナリオ型のメリットになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *