社内で人気のチャットツール

社内のヘルプデスクにチャットボットを利用

従業員が多い企業の社内のヘルプデスクは、日々問い合わせ対応に追われているのではないでしょうか。その内容を整理すると、意外と同じような問い合わせが多いことに気がつきます。そこで最近脚光をあびているのが、チャットボットだと言えます。ホームページにチャットボットを組み込んでおけば、利用者はチャットボットの質問に答えていくことで、求める回答にたどり着くことができます。

この間、社内のヘルプデスクを介することはありません。このような利用頻度が高くなれば、社内のヘルプデスクの負担は軽減できます。このことが脚光を浴びている大きな理由の一つなのです。現在、チャットボットを提供するサービスは、非常に数が多いと言えます。

いろいろな特徴や付加価値のついたサービスがあり目移りしてしまいますが、基本的には利用者からの問い合わせに自動的に答えてくれるというものです。事前に頻繁に質問される内容を準備しておく必要があります。日頃から問い合わせ内容を記録しておけば良いのですが、記録していない場合はそこからスタートになります。また、最近のチャットボットはAI搭載されたものが増えています。

利用者の複雑な質問にも対応できるのが特徴です。また、使えば使うほど学習され、回答の精度が上がるところも良い点です。ただし、回答の精度を上げるためには大量のデータが必要となるため、ある程度使い込まないと精度を実感することができないと言えます。社内でチャットボットのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *