社内で人気のチャットツール

社内にチャットボットを導入する際に注意すべきこと

社内での問い合わせ対応用ツールとして、AI搭載の機械学習型のチャットボットを社内システムのひとつとして導入する企業が年々増えています。これは、社内のサポートデスクや総務、人事、経理などの管理部門には連日社員から数多くの問い合わせが寄せられていることに由来します。その中には繰り返し良くされる質問が多く、それらの回答に人が咲かれている状況は非効率です。一方で、そのような質問に回答したマニュアルやFAQ集を充実させてもそれらまめに参照する人ばかりではありません。

また、質問する側からすると知りたいことだけを的確に答えてくれるがゆえに、直接人に聞いてしまいたいと考えてしまうことも多いが故かもしれません。そのようなユーザーと回答者側の負担を減らせるという両者のニーズに応えられる手段として、チャットボットが近年高い注目を集めています。その仕組みはシンプルで、AI搭載の機械学習型のチャットボットに事前に入力したデータやユーザーのやりとりを通して収集したデータをAI自ら解析学習することおで適切な回答を可能にする、というものです。つまり、質問と回答データを事前に大量に入力しておけばおくほどその精度が高くなります。

さらに、使われれば使われるほど的確な受け答えができるようになるのも特徴です。そのため、ユーザーのニーズに応えられる仕組み作り無くしてその導入が成功することはない点は念頭に置いておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *