社内で人気のチャットツール

チャットボットを社内で導入するメリット

チャットボットは対話を行うロボットという意味の言葉で、人がテキストや音声で質問すると、自動で回答を行うことができるコミュニケーションツールです。カスタマーサポート業務などで使われるようになりましたが、最近では社内でも導入されるようになっています。その中でも特に導入が進んでいるのが管理部門と情報システム部門です。どちらの部門も社内からの問い合わせが多く、さらに各担当者は自分の仕事を抱えながら問い合わせ対応をしていることがほとんどで、問い合わせが増えると本来の仕事が進まなくなってしまいます。

また、問い合わせ対応が主な仕事ではないため、きちんとしたマニュアルなどが整備されておらず、業務への理解が深い方に対応の依頼が殺到してしまい、ストレスや疲弊の原因となる場合があります。チャットボットを社内で導入できれば、特に対応の多い部門にかかる人的・金銭的コストを減らすことができます。また、問い合わせする側にとっても、担当者が限られることで電話がつながらなかったり、メールへの返信が遅いなど、疑問の解消にかかる時間を大幅に減らすことができるメリットがあります。さらに自動での問い合わせができると、時間外や夜間の対応も可能になります。

加えて、チャットボットを導入することで、社内でどんな問い合わせが多いのかが明確になり、問い合わせが多いもののマニュアルを整備したり、チャットボットが自動で応答できない内容をログとして残し、回答率の精度を上げることでより良いシステムにしていくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *