社内で人気のチャットツール

チャットボットは社内でも使われ始めています

サポートセンターを海外に作るなどによるコストカットを試みている企業も多いですが、それでもサポートセンターの運営には馬鹿にならない経費が掛かります。とはいえ、サポート体制に手を抜くと、とたんにユーザーからの評価はさがってしまうのが現状です。そこでその解決のために、企業でもチャットボットを取り入れているところが増えてきました。チャットボットの導入によるサポートセンターの縮小化が可能で、サポートセンターの人件費や経費の削減や、問い合わせに対する対応の即時性のアップによる顧客満足度のアップが主な効果です。

例えば、問い合わせをする際にコールセンターに電話をかけても、なかなかつながらない、もしくは一方的なお知らせが流れてそれにあわせてボタン操作をしてく必要があり、フリーダイヤル化していた場合は企業側の負担も大きく、またフリーダイヤルではない場合はユーザー側に時間的コストや費用を強いる結果となってしまっていました。チャットボットによって双方でのやり取りが可能になり、一般的な内容の問い合わせであればチャットのみで対応が完了することもできます。また、社内でもチャットボットを取り入れている会社も増えています。社内でパソコンが壊れた、リモートワークなどで実際には社内にはいない違う場所から仕事をしている場合等も、チャットボットにより問い合わせ窓口を設ける事で、システムサポートがスムーズに行われる事ができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *