社内にチャットボットを導入するメリット

チャットボットは、チャットとボットを組み合わせた言葉で、人工知能を活用した自動会話プログラムになります。人間に代わって一定の託すや処理を自動化するプログラムを使うことで、チャットを使ってリアルタイムのコミュニケーションを行えるようになります。そんなチャットボットは、ユーザーに対しての対応だけではなく、社内でも活用することが可能です。企業では経理・総務・人事などの管理部門では各部署から問い合わせが多いです。

しかし、問い合わせのほとんどが社内マニュアルを使えば解決できる問い合わせがほとんどですので、その問い合わせにいちいち答えていると作業効率が悪くなってしまいます。チャットボットを利用すれば、そんな社内の些細な質問に時間を取られることがなくなります。その時間を使って、作業を進めることができるようになります。チャットボットを社内で利用するメリットは、検索率もよくなるということも挙げられます。

マニュアルをいちいち読むのではなく、質問すれば答えがすぐに返ってくるため利用者にとっても知りたい情報をすぐにた取り付けるというのも大きなメリットです。社員の時間を効率よくできるため生産性を高めることができ、引継ぎ作業への負担も減るなどのメリットもあります。導入のハードルが低く生産性を高められるツールではありますが、効率よく使うためには社員に普及させるための工夫などをきちんとした上で導入することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です