社内問い合わせ対応にも活用できるチャットボット

近年、チャットボットをホームページやECサイトなどで利用する企業は数多く存在しますが、社内問い合わせに活用する企業も増加しています。経理や総務、人事といった管理部署では、日々社内の各部署から多くの問い合わせに対応していますが、それらはマニュアルや社内FQAを参照することで解決できるものも少なくありません。しかし、大企業になればなるほど、マニュアルやFAQは複雑化する傾向があるため、それらを利用する人が少なく管理部署へ直接問い合わせてしまうというケースが多発してしまいます。加えて、多くの部署を抱える大企業では、問い合わせ先も増えることになるため、どの部署に問い合わせたら良いのかが分からないという従業員も多く存在すると考えられます。

また、管理部署では同じような質問を何度も受けることも多々ありますが、それらの質問に対しても手を止めて対応しなければいけません。その結果、問い合わせばかりに時間を取られて、本来の業務を効率的に進めることが困難になってしまうという問題を抱えることになります。しかし、社内問い合わせをチャットボットに任せることで、上記のような課題を一気に解決できる可能性があります。その結果、管理部署における問い合わせ業務の負担が軽減し、本来の業務に集中できるようになります。

さらに、チャットボットは24時間問い合わせに対応できるため、担当者が不在で質問に対する回答が得られないことから業務が進まないといった状況を防ぐことも可能です。このように、チャットボットはそれまで抱えていた社内問い合わせの問題を解決し、業務の効率化を図ることができるというメリットがあります。社内でチャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です