社内でチャットボットを導入するポイント

チャットボットを社内に導入することによって、管理部門への社内からの質問などを減らして業務を軽減させることができます。メイン業務に力を入れることができ生産性の向上を期待することができますが、ただチャットボットを導入するだけでは、失敗してしまう可能性もあります。社内でチャットボットを活用する場合には、どのような目的で導入するのかを明確にすることが重要です。問い合わせ対応を効率化させたいだけではなく、公式サイトのコンバージョン率を上げたい、顧客満足度をより高くしたいなど明確にすることで、目的にあった種類を選べます。

チャットボットと一言で言っても、2種類あるため目的に合わせた種類を選ぶということも活用させるポイントになります。シナリオタイプは、設定したルール・シナリオ通りに応答するタイプになります。よくある質疑応答をあらかじめプログラムで設定しておき、質問に対してルールやパターンに沿って応答することで社員の疑問を解決します。質問した文字からキーワードを抜き出して、キーワードに対する回答をデータベースから探して答えるというシステムです。

社内の良くある質問に答えるのに向いています。AIタイプは、統計的に正解する確率の高い回答をアルゴリズムによって算出して応答するというタイプです。機械学習を繰り返すことで成功率が高まります。自然言語処理によって最適回答を導き出しますが、直接的な効果を得たいときには向いていないタイプになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です