社内で人気のチャットツール

年末調整の時期等に社内チャットボットを活用

社内問い合わせの為にチャットボットを導入する企業が増えています。チャットボットのシステムが販売されているため、一からシステム開発することなく導入できるのが強みでしょうか。社内で発生する質問というものは似た様なものになるため、似た様な質問への回答を得意とするチャットボットが有効なのでしょう。例えば年末調整の時期になると総務は社員からの質問でかかりきりになります。

年末調整の実際の業務もあるにも関わらず、どの資料が必要でどの資料が必要でないかなと、各個人ごとに異なる事情を把握した上で返事をしなければなりません。そういった社内の細々とした質問にはチャットボットは向いていて、直接答えるだけでなく答えの書いてあるページに誘導するなど、解決への糸口を導き出してくれます。もちろんその情報は始めにインプットしなければ、AIと言えども勝手に答えてくれる訳ではありません。しかし一度インプットしてしまえば、以後勝手に全て答えてくれるので、最初に頑張る価値のあるシステムと言えます。

チャットボットの導入は大企業ほど有効に働く場合が多く、総務だけでなくシステム管理者や人事の担当者なども、細々とした質問から逃れられる事になります。いわゆる一つの知らない人は知らないが、知っている人は本当に上手く活用しているシステムの一つと言えるでしょう。ここまで進化してきたのは最近ですが、有効な物は上手く使うのが上手い企業の運営と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *