社内で使えるチャットボット

ボットとは、人が行っていた作業をコンピューターで自動で作業を行わせるプログラムの事です。ロボットのように動作する事からそのように呼ばれています。チャットボットは、チャットとロボットを組み合わせた造語で、テキストや音声をプログラムで自動生成して会話を行えるようにするプログラムです。チャットボットには、Eliza型・選択肢型・ログ型・辞書型が存在しており、企業においても活用されています。

社内でチャットボットを活用したい場合、顧客からの問い合わせに使われます。チャットで質疑応答が出来る為、顧客が電話での問い合わせをするほどでも無い問い合わせ対応、メールでの対応を減らす事が出来ます。テキストを音声に変換する事が出来るので、利用者はチャットでのやり取りを音声でも聞く事ができ、会話をしているような感覚で使えます。顧客対応にボットを使うだけでなく、社内のコミュニケーションツールとしても使えます。

従来のチャットだけでは、メッセージを逃してしまう事があります。音声の読み上げも同時に行われれば、より頭に残り易く、社内でのメッセージのやり取りを円滑に行えます。チャットボットの利用は、メールでの問い合わせ量を抑える事ができ、社内で活用する事でコミュニケーションの向上に役立てられます。近年では、人工知能プログラムと組み合わせる事で、チャットボットで答える内容を大幅に増やし、統計的に適切な答えを探して回答する仕組みが導入されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です