チャットボットを社内でも活用

企業ホームページの問合せと言えば、問い合わせフォームを設けて、別途メールで返答というのが一般的です。現在でもこのスタイルは広く利用されていますが、一歩進んだ仕組みを取り入れているところが増えています。その仕組みというのがチャットボットです。見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

質問したいことを入力し送信すれば、それに応じた返答がすぐに返ってきます。ここには人手を介することがなく、チャットボットが返答してくれるので、企業側の負担もありません。利用者側にとってもすぐに返答がもらえ、問題が解決できるため、とても便利な機能だと言えます。こんなチャットボットを社内で活用するケースも増えています。

問い合わせは社外だけでなく、社内からも当然あるため、このような流れになるのはうなずけます。社員数の多い企業では、それに比例して問い合わせ件数も多いものです。それらに対応するヘルプデスクの負担が大きいことは容易に想像できます。社内で質問されることを整理してみると、意外に同じ内容が多いことに気がつくものです。

それらをチャットボットにより解決するだけでも、ヘルプデスクの負担はかなり軽減できます。ヘルプデスクでは、チャットボットで解決できなかったものだけをサポートすれば良いのです。問い合わせをする側も待たされることがなく、短時間で解決できるメリットは大きいです。導入費用はかかりますが、それを超える効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です