社内問い合わせにチャットボットを導入するメリット

社内問い合わせを受ける部門は、大きく分けてバックオフィス部門と情報システム部門の2つです。そして、その両者ともに共通して言えることとして、本来のメイン業務をしている中で社内問い合わせに対応しなければならない、という問題を抱えています。特に、社内問い合わせが多いときには本来行わなければならないメイン業務に支障をきたしてしまうことも起こりえます。一方で、社内におけるその問い合わせに対してはそれら部門が対応する以外術がありません。

そのような状況を改善できる可能性を秘めた存在こそ、チャットボットです。これは、チャットボットにノウハウを蓄積することで24時間自動応答でよくある質問に回答できる環境を整えることができるためです。これは、結果としてバックオフィス部門や情報システム部門が抱える不満を解消するとともに、対応コストを大きく削減する効果を期待することができます。それが仕事とはいえ、通常業務に加えて不定期にいつ来るかわからない問い合わせに対応しなければならない状況にストレスを感じる人は当然多いことでしょう。

また、そのような不定期な介入は本来やるべき業務の中断により非常に非効率な状態を引き起こしている可能性さえあります。このような状況に対して大量に来る似たような質問にはチャットボットが自動に返信できるシステムを構築すれば、本来の業務の効率化につながり大きなコスト削減効果を期待できます。また、社員側への負担を軽減できる点もその導入のメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です