会社内でも活用できるチャットボットについて

チャットボットはリアルタイムで短く会話するチャットと、ロボットのボットを組む合わせた言葉でチャット上での問いかけに対して自動的に答えを返すプログラムです。シナリオ型と人工知能型の2種類があり、シナリオ型は、例えば問いかけ文にAという単語が入っていればBと返答することを人間があらかじめ決めるものです。人工知能型はAI(機械学習型)を搭載したものでシナリオ型が単語の一致によって返答を決めるのに対し、人工知能型では単語の一致だけではなく文章全体の意味をAIが把握して回答します。また、人工知能型は使えば使うほどデータが集まり、表現が適切になっていくのが特徴です。

チャットボットは一般ユーザー向けだけではなく、企業内の従業員に対しても利用されています。従業員が何千人という規模の企業では社内問い合わせが多く、大きな負担となるケースが多いです。例えば、社内問い合わせ程度のことで専門のコールセンターを用意する企業は多くありません。ほとんどの企業では社内問い合わせに対して対応する社員は、通常業務の合間に問い合わせに対して調査して回答しなければならないのです。

社内チャットボットを導入することで、担当者の負担が軽減できます。チャットボットは自動対応だけではなく、24時間対応できるといった特徴もありますので重宝されています。また、社内で頻繁に聞かれるキーワードや内容のデータも取れ、会社全体としてわかりにくい部分を改善することにより質問自体を無くすことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です