チャットボットで社内の経営資源を有効活用

企業活動を行う中で総務などに来る問い合わせは顧客や取引先など外部からだけでなく、各部署から業務に関する問い合わせがきます。特に大規模で完全に分業化された企業ほど、総務に集まってくる問い合わせの数はどうしても多くなります。これに対してマンパワーで対応する事も可能ですが、人が全て応対していると大きな負担となります。企業側としてもその分だけ、人件費がかかってコスト負担が増大します。

チャットボットはチャット上で質問された内容に対して、自動で返答ができるプログラムの事です。AIが搭載されたタイプのものなら、文章全体の意味を理解してより人が対応するのに近い回答ができます。さらにAIの学習機能で質問された内容のデータの蓄積から、最適な回答ができるように学習していくので、導入して使うほどクオリティが上がっていきます。このチャットボットを社内向けに導入する事で、従業員の負担を減らしてコスト負担も軽減できます。

チャットボットを導入する事で、人が直接的に対応しなくて良くなるだけでなく、どの部署からどのような質問が良く来るのかなどのデータを収集できます。これを使ってマニュアルの最適化や業務のオペレーションの最適化ができるので、社内の業務効率の向上に繋げられます。社内からの問い合わせにチャットボットが対応するので、それまで対応していた人員を他の業務に振り分けられます、社員教育も問い合わせに対応するスキル以外の教育に時間やコストをかけられるので、経営資源の有効活用が進みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です