社内で人気のチャットツール

チャットボットを使ったカスタマーサポート

AIの技術を用いたチャットボットが注目されていますが、分かりやすい事例としてよく挙げられるのがカスタマーサポートです。カスタマーサポートは通常、電話なりメールなりで担当者が客とやりとりをするものです。会話などではその人ごとに交わされる内容が異なりますが、結果的に困っている内容は幾人も同じだったりします。こういった症状の切り分けはチャットを用いると行いやすく、その為カスタマーサポートにチャットボットを導入する企業が増えています。

分かりやすい所では家電製品のサポートなどで、問い合わせてきて客に対しチャットボットは威力を発揮します。どの製品か、どういった不具合があるか、などをチャットのボタンを用いて条件分岐して、不具合の内容を絞り込みます。もちろんどうにもならない場合も、担当者に繋がないと分からない場合もありますが、逆に一つの説明で解決出来る場合もあるのです。そういった時にメーカーには多くの場合FAQが用意されていて、そこを読めば解決する場合も多いのです。

つまりチャットボットで内容を聞き、そのFAQに誘導すれば解決するのならチャットボットで全て解決出来ます。そういった簡単に解決する問い合わせはカスタマーサポートにも多い為、導入によって人件費の削減が行われています。小さな企業ならなかなか簡単には行きませんが、大きな企業で問い合わせも日に何百件もあるところだと威力を発揮し、実際にかなりの人員を減らしている様です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *