社内でもチャットボットは活用できる

企業や商品の問い合わせにおいて、チャットボットを見かけることが多くなってきました。このチャットボットを社内で利用する企業も増えてきました。経理・総務・情報システムなどの管理部門において、社員からの問い合わせは結構な数が舞い込んできます。それに対応するには、かなりのマンパワーが必要となります。

そこでその問い合わせに対応するため、チャットボットが利用されているのです。問い合わせ内容をひも解いてみると、意外と同じような内容が多いことに気がつきます。このような同じようなことに時間を取られていては、作業効率が向上しません。そこで定形的な社内の問い合わせは、チャットボットで対応することが考えられているのです。

ここで注意が必要なのですが、すべての問い合わせに100%答えられないという前提を忘れないことです。定形的でないものや複雑な判断が必要な場合、どうしても人手での対応が必要になります。社内FAQを作成しても上手くいかなかった経験をお持ちの方は、本当に上手く活用されるのか疑問に思うかもしれません。社内FAQも同じように、よくある問い合わせを掲載しておき、社員が自ら解決方法を探すことになります。

これが活用されない理由としては、探している内容が見つけにくく、聞いた方が早いと判断されることが主な理由です。一方、チャットボットなら質問に答えていくことで、探している内容に導いてくれます。社内FAQとは掲載されている内容が同じであっても、活用度は明らかに高いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です