社内で人気のチャットツール

チャットボットの失敗事例から学んだ最新技術を紹介

AIを駆使した魅力的な技術と言えばチャットボットになりますが、最近は導入したことによって失敗する事例が増えているので注意が必要です。とある事例を見てみると、細かい文脈が理解できないため会話が不自然になってしまうこと、適切な解答が行えずにユーザーに不快感を与えてしまうこと、接続詞などがしっかりと使われていないため変な言葉になってしまうなど様々です。このような失敗事例を活かして、一から新しく開発を行ってきたのが「アディアスポット」という会社で、チャットボットの限界を超えるような機能性を兼ねそなえた素晴らしい技術を編み出しているので注目しておきましょう。今までは決められたルールにそってしか会話ができませんでしたが、アディアスポットが開発したチャットボットは自然な会話を第一に考えており、普段何気なく使用しているような言語を使った会話が行えるようになっているのでストレスを感じません。

また、独自の技術である「オントロジー」を駆使しているため、日本語では難しいとされてきた対話制御をAIがしっかりとコントロールしてくれます。人間の脳に近い構造を可能にしたことで、柔軟性のある砕けた会話も実現させることができたので、その実力を試してみたいのであればぜひ利用してみてください。さらに、辞書データを登録することで徐々にbotを増やしていくことが可能なため、もっと知識を身に付けさせたい場合には活用してみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *